HOME > 医院案内 > 院内の衛生管理

院内の衛生管理

患者さんに安心して診療を受けていただくために、院内の衛生管理を徹底しています。
ここでは当院の衛生管理、および院内感染対策の取り組みをご紹介します。

診療器具の滅菌・消毒

診療器具の滅菌・消毒

診療器具は洗浄の後、オートクレープ(高圧蒸気滅菌器)にて滅菌処理をおこなっています。

診療器具の滅菌・消毒

微酸性次亜塩素酸水生成器でソフト酸化水(除菌水)を生成し、診療器具の消毒や治療に使っています。

タービン・ハンドピースの滅菌処理

タービンハンドピースの滅菌処理

タービン・ハンドピース類は、ハンドピースメーカーが開発した高速滅菌器を使用して滅菌処理をおこなっています。

紫外線タービン殺菌機

紫外線透過フィルムをかけた状態で、紫外線殺菌器にて1本1本殺菌処理も行っています。殺菌後はフィルムカバーを装着したまま保存しますので、菌の再付着を防ぐことが出来ます。

タービンハンドピースの滅菌処理

処理済のハンドピースは1本ずつフィルムカバーを装着した状態で、患者さんごとに新しく診療台にセットしてお迎えしています。

次亜塩素酸水によるユニット消毒

次亜塩素酸水によるユニット消毒

患者さんごとに、次亜塩素酸水を希釈してユニットの消毒をおこなっています。

除菌水の専用噴霧器

除菌水の専用噴霧器

感染予防対策として、除菌水の専用噴霧器を待合室と治療スペースに設置しています。

除菌水には、ウイルス対策やアレルギー物質の除去、除菌・消臭の効果があります。

手指消毒液の設置

手指消毒液の設置

患者さんにご使用いただけるよう、院内に手指消毒液を設置しております。トイレご使用の前後や院内入退室時の手指の消毒にお使いください。